福田恆存という人

昨日は我が劇団の創設者・福田恆存の戯曲の大阪弁を指導に!

それは昨日のブログに書きましたが、久し振りに想い出したので・・・・

亡くなられて17年、今年が生誕100年・・・日本の知識人として巨人でした。

今回のチラシ(昨日掲載したやつ)に坂口安吾と小林秀雄が・・・

 坂口  ―前略―福田恆存に会った?
     
      小林秀雄の跡取りは福田恆存という奴だ。これは凄いよ。

 小林  福田恆存という人は一ぺん何かの用で家に来たことがある。

      あんたという人は 実に邪魔になる人だと言っていた。

 坂口  あいつは立派だな、小林秀雄から脱出することを、もっぱら心掛けたようだ。

 小林  福田という人は痩せた、鳥みたいな人でね、いい人相をしている。

      良心を持った鳥の様な感じだ。

 坂口  あの野郎一人だ、批評が生き方だという人は。 (昭和23年・「作品」創刊号)

 
私は4作品に演出を受けました・・・・・・・・

『ヘンリーⅣ』・『オイディプス王』・『ハムレット』・『夏の夜の夢』

  電話は1度だけ、勉強会をした翌日に!?

質問をされて答えた途端ガシャン! ツーツーツーツー・・・・・

1週間後に『ヘンリーⅣ』にキャスティングされました。騎士リチャード・ヴァーノン役で。

 そして旅の最中に準劇団員から正劇団員に昇格!

芝居用に貸して下さったネクタイをそのまま「君にあげるよ」と頂いたこともありました。

今でも大事なときはこのネクタイ着用!!

 年賀状は1度だけ戴きました。これです!(昭和59年)

    001_convert_20111018001135.jpg
 
印刷ですが、自筆でコメントが書かれています。

・・・昨年は予想通りよくやってくれました

   ありがたう存じます

   松竹の方もまじめにお願ひします

因みに福田さんは旧仮名遣いでして、シェイクスピアも旧かなで翻訳されているのです???

興味のある方は文庫本で『私の國語教室』有ります。綺麗な日本語を提唱!!

 というより、何ですか!?

「まじめに」!って・・・結構ヤンチャだったんですねぇ私。

この舞台は福田訳の『ハムレット』 主演は現・片岡仁左衛門さん、演出は木村光一さん

オフィーリアは亡き太地喜和子さん、日生劇場で一ヶ月公演でした。

その後、仁左衛門さん演出・村上弘明主演の『ハムレット』の出演へと続くのです。

 そんな訳で、個人的に色々なこと、そして歴史を痛感した今日この頃でした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する