稽古日誌・その5

 皆さんはカイン(C)とアベル(A)の物語をご存知でしょうか?

―カインとアベルはアダムとイヴがエデンの園を追われた(失楽園)後に生まれた兄弟。

或る日、2人は神の前に捧げ物を持ってきた。

農耕従事者のカインは作物を、牧畜従事者のアベルは羊の初子を捧げた。

神はアベルの供物に目を留められ、カインの供物は無視された。

嫉妬にかられたカインは野原でアベルを殺す。人類最初の殺人。

神が彼を追及すると、「自分は知らない。自分は弟の番人ではない。」と答えた。

カインはこの罪によりエデンの東のノドの地に追放された。

また、人々に殺されることを恐れていると言ったカインに、

神はカインを殺させないように額に刻印をしたという。

・・・・・カインの末裔が我々である。

『エデンの東』の作者・ジョン・スタインベックは創作日誌で

・・・世界中で最も偉大な物語、

善と悪、強さと弱さ、愛と憎しみ、美と醜についての物語・・・にしよう!と。

アダム(A)と弟チャールズ(C)・双子のアロン(A)とキャル(C)

二人の女性・アブラ(A)とキャシー(C)・・・・名は体を表わす

因みに私はホレス(H?)・・・別に助平な役ではありませんから!!

 ちょいと『エデンの東』を御覧になる為の前知識を!!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する