晦・・・・『つきごもり』と読みます。
 
 昨日、青年座スタジオ公演でこのタイトルの舞台を観てきました。

何とも言えない心優しい・・・・ドラマでした。

不思議な感覚に囚われ、気が付いたらドラマの世界に引き込まれていた・・・・

 終演後、客席で飲み会有り!?自分達の場所だから出来ること!

嘗て我々も劇場があった頃は楽屋で、稽古場で良く飲みました。

 飲み会で演出の寺十吾(じつなし さとる)さんに挨拶し、飲み話しました。

彼は2012年1月の昴・サード・ステージ公演で演出をしてくれるのです。

そして、今回の出演者の一人・文学座所属の山像かおりちゃんが

そのお芝居の脚色を担当してくれるのです!!

彼女は今年の第16回劇作家協会新人戯曲賞にノミネートされた才女(ペンネームは秋乃桜子)

デジカメを忘れ携帯で撮影したので・・・変ですが、3人のショット!!

     10-12-20_001~001

     本当に変な写真でお二人さんゴメンナサイ 
 

 
 このところ、また徹夜が多くなりました・・・・・

先日、古い携帯を見つけ残り少ないバッテリーでONにしたところ、

5年前からのメールが残されていました!愉しい会話が残されていました

・・・まるで昨日のことのように・・・

・・・おまけに写真も!!

 今それをパソコンに書き写しています、送受信共に。

二人の日記のよう・・・最期の2009年11月8日まで・・・

1冊の本になりそうな・・・・・

真夜中にメールを打つ・・・・静けさの中で・・・

声が聞こえてくるよう・・・愉しい 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する