花を持って、会いにゆく

 昨日も酔っ払ってしまい、ブログが書けず帰ってからソファーでぐううううう~

おかげで深夜に目が覚め、ああイカン!!寝なきゃ・・・・

ところが今度は目が覚めてしまい、結局は朝まで起きてしまいました。

 なにか整理するものが多くて、また深夜の静けさの中でやるのが気持ちが良く落ち着く!

色々な思い出と共になかなか捗らないのが難点だけど・・・・・

 今日、或る方から詩集 『長田弘・詩ふたつ』 を頂きました。

      001_convert_20101203010544.jpg

 何だか近頃の私のブログを見ていると危ない感じがしたと・・・・?!

コレを読んで落ち着いて欲しい・・・・と?????すみませんねぇ心配掛けちゃって!

帯に書いている落合恵子さんの言葉にぐっときた・・・

『すべての、それぞれの、愛する人を見送ったひとに』


      母を見送った季節が、

      間もなくやってくる。

      喪失の悲しみを

      いやすことはできないし、

      その必要もないと

      考える私がいる。
   
      なぜならそれは、

      まるごとの、そのひとを

      愛したあかしであるのだから。

      悲しみさえもいとおしい。

      けれども、どうしようもなく
 
      心が疼くとき、このふたつの「絆」の詩を声に出して読む。

      人生に余分なものは何ひとつない、と。


ありがとう!!!





            
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する