映画・映画・映画

 先日TSUTAYAに返却しに行き、また数本借りてきたお話をしましたが、

またまた借りて来てしまいました。

いや!別に困ったことでもないのですよ!!癖になってきた自分がいるだけで!

TVも面白くないし、WOWOWに入っていてもなかなか観たい映画が合致しないもので・・・

しかし、アカデミー賞のある来月には、ナント!『スラムドッグ・ミリオネア』も

OAされるし『チェンジリング』も・・・もうちょっと待っていれば・・・

で、今回借りてきた作品はフランス映画3本!!

『あるいは裏切りという名の犬』

『やがて復讐という名の雨』

『いずれ絶望という名の闇』

・・・・コレ、日本のタイトル。何か良いですよねぇ!

出演者はダニエル・オートゥイユ、ジェラール・ドパルデューらカッコいい大人たち!!

男の面子を賭けたフィルム・ノワールです。

未だ1本しか観てませんが、逆に後の2本が楽しみです。

と、暫くは夜中に映画を観る生活が続きそうです。


 さて、とうとう上野の国立美術館で『長谷川等伯展』が始まりました!

来週にでも朝から行こうと思っています。

皆さんも是非!  23日まで。(月曜休館)

追伸:

ご心配かけましたお腹の調子は大丈夫になりましたので

スポンサーサイト
コメント

No title

頭文字Dが好きな自分は、エボ3は嫌いなんですが、須藤 京一みたいな人柄が好きで、一時期京一の真似をして頭に、タオルをかぶって真似していました。田中さんは、京一に役をやったとき(頭文字D劇場版、拓海一戦)は、どのような気持ちでやっていましたか?

No title

須藤京一は自分に対して絶対的な自信があり、喋り方ははっきりと喋ることを心掛けました。
躊躇しない!だからこそ、裏を返せば弱さも持っているんですよね~それが人間的でもあるんですよ。魅力的なんですよ
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する