おくりびと

 今日やっと『おくりびと』をWOWOWで録画してあったので観ました。
で、泣きながら観てしまいました。
いやぁ参ったな。
 脚本が良いですね。小山薫堂なる人物を調べましたよ、思わず。
 滝田監督も、やれば出来るじゃん!!って感じ。失礼な言い方だけど初めて良いと思いましたよ!
兎に角、皆が大人なんですよ!
淡々と静かに流れて行く人生の時間に、『再生』という生きているものの意味を優しい眼差しで問いかけていて・・・・
先日癌で亡くなった山田辰夫、峰岸徹が出演しているのも・・・ううううう~です。
山田辰夫のデビュー作『狂い咲きサンダーロード』にはカットされた!?けど出ていたんですよ!!私

アカデミー賞を獲ったのなるほど!でした。

再生・・・今度の山田太一氏の戯曲も人間の再生の物語です。
生きている事の意味、意義・・・漫然と生きている時間に楔を打ち込みたい!!
『生きている』ということが当たり前ではなく、
『だから生きているんだ!』と言えるように。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する