11月の終わり

20081130215029

  今年も後1ヵ月を残すのみとなりましたねぇ!
所謂師走というやつに突入し、新しい年を迎える。早いですね、1年経つのは。

 11月は30日の今日まで!短い月を覚えるのに『西向く侍』なんておぼえましたよね。確かに2・4・6・9・11…ぢゃあ11だけなんで侍なの?

  コレ!私の説ですが、二本差しだからぢゃないでしょうか?11が二本の刀…ウム、そうですよ多分!って皆さんの方がよくご存じだったり。

 作家の浅田次郎の時代小説『西を向く侍』には幕府の天文方だった侍が太陽暦を採用した新政府の下で職を失い侍を辞める…つまり西から来て天下を我が物とした薩長に対しての武士としての誇り?武士の士は十と一…で、西向く士(さむらい)ウム、大作家先生が言うとまことしやかだなあ…

 だって、考えてみると私の案は洋数字!!だもん、発想が!駄目だこりゃ…と言う訳で、矢張り何故か明日からは忙しくなるという訳で、それこそバタバタものかも……ε=ヾ(;゜ロ゜)ノ

 何の話してるのか、私
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する