芸術の秋・舞台2本

 町からは秋祭りのお囃子の音が、子供神輿も繰り出され、愈々秋本番の風情。

そんな芸術の秋に芝居をやってばかりじゃなく観る方にもなろう!という訳で、まず昨日は小竹向原にあるサイ・スタジオに」出掛けました。
 『ハーフライフ』・・・我が昴とサイスタジオの吉田悦子さんとの初コラボ作品
小さな空間で繰り広げられる老人ホームを舞台にした何ともいえない人生の有り様・・・しみじみと胸に響く素敵な舞台でした。29日までやっていますので、お時間ありましたら是非!!
 出演者の西沢利明さんとも久々にお逢い出来たのも嬉しい一夜でした。西沢さんはアルジャーノンの初演時のストラウス博士です。

 さて今日は新宿のシアター・サンモールにて劇団朋友の『ザ・パイロット』を観て来ました。
『ブルーストッキングの女たち』の宮本研作の風化して行く戦争の記憶を真っ正面から捉えた力作でした。長崎を舞台に原爆を落した方と落さた方、戦後20年経った昭和40年、変わりゆく街、復興の陰に風化して行く記憶・・・しかし、決して消えない記憶 
いやいや骨太の作品、人間の描き方が強い!!っていうかんじ

という2日間でした。
明日は平塚で開演で~す
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する